福の根(北新地)

料理の鉄人で、鉄人に勝利した坂根氏がオーナーを務める福の根。 

f:id:bisyoku:20160820174702j:image

メニューを見るとリーズナブルながらも、流石は神田川で腕を磨いただけある品々が並んでいる。 

f:id:bisyoku:20160820174712j:image

ポテトサラダが気になるところである。

f:id:bisyoku:20160820174723j:image

日本酒は福の根が選ぶ純米酒

f:id:bisyoku:20160820174736j:image

お通しのレベルから、料理への期待が膨らむ。

f:id:bisyoku:20160820174755j:image

立体的なポテトサラダは、ジャガイモのしっとりした歯触り、マヨネーズ等の味付けとマッチしていてなかなかの美味である。

f:id:bisyoku:20160820174809j:image

福の根自慢の刺し盛。

このお値段ではかなりの質を提供しているといえる。

特に勘八や鯛といった白身魚は嫌な脂の臭みはなく、口の中で日本酒と良い調和を見せる。

f:id:bisyoku:20160820174822j:image

季節柄、一番美味しいのは鱧。

素晴らしいの一言。骨切りが良く出来ていて、舌触りは良く、骨が口の中を刺すようなことはない。

f:id:bisyoku:20160820174834j:image

この店に行く動機となった、料理の鉄人を破ったレシピの一つ。

穴子の茶碗蒸しである。

価格を抑える分、穴子の臭みがやや残っている。折角の物なので、穴子と海老のクオリティは鉄人で出た食材で提供してもらいたかった。

やや残念な点である。

f:id:bisyoku:20160820174844j:image

 重い箸休めの鳥の唐揚げ。

f:id:bisyoku:20160820174858j:image

 海老の唐揚げは上げ具合が良く、尻尾などはお煎餅のような感覚で食すことができた。

f:id:bisyoku:20160820174909j:image

大阪名物の肉吸い。

流石に上品な出汁の味。流石は名門神田川の出身。

f:id:bisyoku:20160820174921j:image

【店舗案内】
住       所:〒550-0005 大阪市西区西本町1-5-20 サーミ―本町ビル1階
電話番号:06-6534-2628