読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一心鮨 光洋(宮崎)

2013年にFOODIE TOP 100のJAPAN TOP100に選出された宮崎駅から車で5分の一心鮨 光洋。

電話予約の際に、これからシャリの用意をするので、すぐにはお店に来ないでいただいた方が良いとのこと。すでに期待に胸膨らむ。

f:id:bisyoku:20170124060405j:imagef:id:bisyoku:20170124060413j:image

綺麗なカウンターで鮨を食すことができる。

先ずは地元宮崎の筍から。 

f:id:bisyoku:20170124060442j:imagef:id:bisyoku:20170124060453j:image

日本酒は1合1,620円。

而今の際に出していただいたあん肝は柔らかく、口の中に入れると、とろけるような舌触り。フォアグラよりも癖がない。

金目鯛のヅケは、やや炙っていて皮の香ばしさと身の脂が調和している。

鯛は皮と身の間の旨みを愉しむ。

f:id:bisyoku:20170124060507j:imagef:id:bisyoku:20170124060518j:imagef:id:bisyoku:20170124060528j:image

50回ほど包丁を入れたアオリイカはねっとりしていて、甘さと旨さが広がる。

f:id:bisyoku:20170124060540j:image

大間産の鮪の赤身。

うっすらと酸味を感じる爽やかさ。

握る前に人肌に温めた皿の上に鮪を乗せ、本来の美味しさを引き出す仕事をしていたのが、一番印象に残った。

f:id:bisyoku:20170124060559j:image

同じく大間産の鮪で中トロ。

旨いの一言。

f:id:bisyoku:20170124060606j:image

小肌は酢で〆過ぎず、魚本来の味が引き立つ。

f:id:bisyoku:20170124060616j:image

鯖は4枚にスライス。鯖の良い脂が酢と旨味を織りなしている。

f:id:bisyoku:20170124060627j:image

エンガワは食感が良く、臭みは一切無い。

新鮮さが伝わる。

f:id:bisyoku:20170124060637j:image

細魚は上品で繊細。

f:id:bisyoku:20170124060647j:image

鯵は食感が最高。

f:id:bisyoku:20170124060701j:image

鰆。親方が勝負顔で出してきたので、楽しみにしていたが、ネタとシャリの間に柚子をほんのり入れていて、たっぷりのった鰆の脂と絶妙なバランス。

f:id:bisyoku:20170124060709j:image

車海老のヅケ。

海老の甘さと食感が素晴らしい。

f:id:bisyoku:20170124060716j:image

箸休めに地元の蛸。これほど柔らかい蛸は初めて。

喉黒の蒸し寿司は、脂と出汁が最高に旨い。食後にお茶漬けを食べたくなる時があるが、この一皿で締めの役割を果たしている。

f:id:bisyoku:20170124060723j:imagef:id:bisyoku:20170124060730j:image

そして雲丹。

f:id:bisyoku:20170124060739j:image

追加でいくら。

いずれも海苔と雲丹・いくらが口一杯に広がり、まるで海の中にいるよう。

f:id:bisyoku:20170124060743j:image

卵の見た目はカステラのよう。事実一時間以上かけて焼き上げているよう。

f:id:bisyoku:20170124060747j:image

海老の味噌が美味。 

f:id:bisyoku:20170124060752j:image

何とプリンには、ワインを入れる。

ワインの爽やかさとカラメルがこんなにも合うとは。 

f:id:bisyoku:20170124060755j:image

 最高に旨い鮨だった。

 

【店舗案内】
住 所:〒 880-8704 宮崎県宮崎市昭和町21番地
電話番号:0985-60-5005